身体の反乱

JapanesseBook1.png
JapanesseBook1.png

身体の反乱

10.00

「能力を開発するということは、石で造りあげる塔と似ている。一つずつの階が下の階に支えられている。だが、実はトランプに現れている城を造り上げる進展と同じなのだ。一つの階を積み上げる事により、全部の構造が崩れる可能性もあるのだ。」

どのように動く事を学ぶのか?
取得した能力を忘れるのか?
どのように回復するか?
想像の訓練により神経症を治すことが出来るか?
記憶により、我々を停止させている、目に見えない線を通り越すことが出来るのか?

この本では、動作に影響をおよぼす局所性ジストニアという病を持った、音楽家達を再教育する中で学んだことをまとめた。

ショッピングカートに入れる

Add To Cart